ジョンソン ベビーローション 無香料

blkh_026

Pocket

ジョンソン ベビーローション 無香料とは?

ジョンソンベビーはジョンソン・エンド・ジョンソンが手掛けるベビースキンケアブランドです。

ややこしいですが、ジョンソン・エンド・ジョンソンはカビキラーなどを販売しているジョンソン株式会社とは無関係です。

ジョンソンエンドジョンソンはアメリカで誕生した会社で創業125年の歴史を誇る大手外資系メーカーです。

そんなジョンソンベビーのベビーローションは3種類販売されています。

その中の無香料タイプについて見ていきたいと思います。

ジョンソン ベビーローション 無香料の成分を見てみると、水の次に多く含まれているのがミネラルオイルです。

ミネラルオイルってなんだか良さそうなイメージではないでしょうか?
ですが、実はミネラルオイルは鉱物油のことなのです。

石油由来だからダメというわけではありませんが、ミネラルオイルは例えば、ホホバオイルならお肌の保湿以外にも肌荒れ予防や抗酸化作用などがありますが、ミネラルオイルは特にこれといったお肌への効果はなく、保護の意味合いが強い成分です。

ジメチコンはシリコンのことで、お肌には特に害はありませんが、ミネラルオイルと同じく、お肌に栄養を与えるようなものではありません。

公式サイトに書かれている保湿効果はグリセリンのようです。グリセリンは保湿剤です。

PGはプロピレングリコールといって保湿剤ですが、旧表示指定成分です。
防腐剤として配合されている安息香酸Naも旧表示指定成分なので、赤ちゃんのお肌に使うベビーローションへの配合はあまりおすすめできません。

トコフェロールはビタミンEで抗酸化作用があります。
天然由来のトコフェロールなら問題ありませんが、天然以外のトコフェロールもあり、その場合は旧表示指定成分です。

ジョンソン ベビーローション 無香料全体としてはお肌に潤いや美容成分を与えて健やかなお肌へと導くというよりは、ミネラルオイルやシリコンによってお肌の表面をコーティングして保護するためのベビーローションという印象です。

評判や口コミ

楽天市場での口コミ情報を見てみると
「たっぷり使えるので子供が産まれた時からずっと愛用しています。」
「我が子のお肌の保湿ケアに安心して使用しています。」
「価格が安いので惜しみなく使えます。毎日使うので助かります。」

といった声が見られます。

商品情報

全成分:水、ミネラルオイル、ジメチコン、グリセリン、ステアリン酸グリコール、ポリソルベート20、PG、フェノキシエタノール、カルボマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、安息香酸Na、オクトキシグリセリン、スルホコハク酸ジオクチルNa、水酸化Na、トコフェロール

125ml/オープン価格 ※およそ400~500円
300ml/オープン価格 ※およそ550~600円

楽天、amazon、Yahoo!ショッピングなどの大手通販モールで販売されています。公式サイトからの購入先はamazonになっているようです。店舗も全国各地のベビー用品店で取扱いされています。

Pocket

徹底比較!ベビーローションおすすめ4選

No.1ドルチボーレ

ドルチボーレ ミルキーベビーローション

おすすめ度★★★★★

赤ちゃんのお肌への優しさと、お肌のバリア機能のサポートを目的に作られたベビーローション。 赤ちゃんのお肌の水分と油分のバランスを整え、健やか肌に導き、乳児湿疹などの肌トラブルからお肌を守る予防におすすめのベビーローションです。

No.2ベビーローションマドンナ

ベビーローションマドンナ

おすすめ度★★★★☆

シンプルな成分が特徴の植物エキスにこだわったベビーローションです。オーガニック原料も使用し、赤ちゃんのお肌への負担を考慮して成分が厳選されています。お肌への優しさと潤い保湿のバランスが良いベビーローションです。

No.3エトヴォス

エトヴォス ベビーローション

おすすめ度★★★★☆

セラミドスキンケアで有名なブランドだけあって、赤ちゃんのお肌の潤いを保持するため、セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が贅沢に使われたベビーローションです。赤ちゃんのお肌の潤いケアにおすすめです。

No.4メディスキンベビー

メディスキンベビー ナチュラルベビーローション

おすすめ度★★★☆☆

メディアで活躍中の友利 新さん(皮膚科医)がママ目線で開発したベビーローションです。シンプルな成分と使用後のサラサラ感が特徴です。保湿の持続力は低めですが、トラブル予防のスキンケアにおすすめです。