セラミドならなんでもOKではない!知っておきたいセラミドの種類

blkh_014

Pocket

保湿の王様といわれるセラミド

保湿成分としてとても有名なのがセラミドです。

人のお肌の角質層にも細胞間脂質として存在していて人のお肌にも馴染みのある成分です。

アトピーのお肌にはセラミドが不足している傾向があるとも言われており、
お肌の角質層のセラミドを十分に生成することは健やかなお肌を目指すうえで欠かせないことといえます。

それならとにかくセラミド配合のスキンケアを選べばいいのね!
となってしまいがちですが、そういうわけでもありません。

セラミドについて最低限の知識を身に付けておくと、
赤ちゃんのお肌に合ったスキンケア選びに役立ちます。

セラミドには種類がある

セラミド、セラミドと普通に言ったりしますが、セラミドには種類があります。

セラミドの種類と特徴について知っているとセラミド配合の化粧品を選ぶ際により良い選択ができるようになります。

植物セラミド

米から抽出されるコメヌカスフィンゴ糖脂質などの植物セラミドがあります。お肌にも優しく、しっかりとお肌を保湿してくれますが、植物セラミドは人によってはアレルゲンとなる場合もあります。

天然セラミド

セレブロシドなどが天然セラミドと呼ばれますが、動物から抽出されることが多いセラミドです。お肌への馴染みがよく良いのですが、価格が高いためそれほど使われてはいません。

バイオセラミド

ヒト型セラミドともよばれ、成分名がセラミド1とかセラミド2セラミド3といった具合に表示されているセラミドです。ヒト型と呼ばれる理由はお肌にあるセラミドと同じ構造を持つからです。酵母から作られています。価格も安く天然セラミドと同じくらいの効果が期待できるセラミドです。
※最近ではセラミド1、セラミド2といった数字の表記からセラミドNSやセラミドEOSといった成分名に変更になっています。

合成セラミド

疑似セラミドとも呼ばれるものですが、ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミドのような成分名で実際のところセラミドではないのでセラミドというワードは入っていません。合成セラミドがお肌に良くないわけではありませんが、セラミドに似せて作られていてセラミドと同じではないというのがポイントです。

以上の4種類のセラミドがありますが、
セラミドといっても色々種類があるんだなーということを知ってもらい、セラミド配合化粧品を選ぶ際にはどのタイプのセラミドが使われているのかを確認してみるのも良いと思います。

Pocket

徹底比較!ベビーローションおすすめ4選

No.1ドルチボーレ

ドルチボーレ ミルキーベビーローション

おすすめ度★★★★★

赤ちゃんのお肌への優しさと、お肌のバリア機能のサポートを目的に作られたベビーローション。 赤ちゃんのお肌の水分と油分のバランスを整え、健やか肌に導き、乳児湿疹などの肌トラブルからお肌を守る予防におすすめのベビーローションです。

No.2ベビーローションマドンナ

ベビーローションマドンナ

おすすめ度★★★★☆

シンプルな成分が特徴の植物エキスにこだわったベビーローションです。オーガニック原料も使用し、赤ちゃんのお肌への負担を考慮して成分が厳選されています。お肌への優しさと潤い保湿のバランスが良いベビーローションです。

No.3エトヴォス

エトヴォス ベビーローション

おすすめ度★★★★☆

セラミドスキンケアで有名なブランドだけあって、赤ちゃんのお肌の潤いを保持するため、セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が贅沢に使われたベビーローションです。赤ちゃんのお肌の潤いケアにおすすめです。

No.4メディスキンベビー

メディスキンベビー ナチュラルベビーローション

おすすめ度★★★☆☆

メディアで活躍中の友利 新さん(皮膚科医)がママ目線で開発したベビーローションです。シンプルな成分と使用後のサラサラ感が特徴です。保湿の持続力は低めですが、トラブル予防のスキンケアにおすすめです。