肌トラブルを起こしやすい赤ちゃんのお肌の特徴

blkh_011

Pocket

乳児湿疹ができやすい理由があった!?赤ちゃんのお肌の特徴

赤ちゃんのお肌ってしょっちゅうブツブツができたり、皮脂でベタベタだったり、カサカサだったりします。

大人でもお肌のトラブルはつきものですが、赤ちゃんは大人よりも肌トラブルが頻繁に起こります。

それは赤ちゃん特有のお肌の特徴があるからです。

なんで赤ちゃんのお肌はこんなにもトラブルが続くのか不思議に思っている方に是非知っておいてもらえたらと思います。

最大の特徴!皮膚が薄い

赤ちゃんのお肌の一番の特徴といえば、大人に比べて皮膚が半分以下、1/3くらいの厚みしかないということです。

これは本当に肌トラブルの要因となります。

というのも、皮膚が薄いと当然ながら外からの刺激に弱くなります。

刺激に弱いとお肌がダメージを受けて肌トラブルにつながりやすくなります。

時期によって脂性肌から乾燥肌にシフト

産まれてまもない赤ちゃんというのは皮脂分泌が多くなっています。

その理由はお母さんのお腹の中にいた時にへその緒を通じてホルモンの影響を受けていたからです。

そのホルモンの影響が新生児期には残っており皮脂分泌が多くなります。

皮脂分泌が多いとニキビや脂漏性湿疹ができやすくなります。

ですが、生後2~3ヶ月くらいを目途にどんどん皮脂分泌は減っていき、むしろ乾燥肌傾向が強くなります。

お肌の乾燥はお肌自体を弱らせてしまい、肌トラブルを起こしやすくなります。

汗の出る穴が密集している

汗は汗腺を通って汗孔という穴からお肌の表面に出てきますが、その汗孔の数は赤ちゃんも大人も同じだけあります。

成長とともに増えるというわけではないんですね。

赤ちゃんと大人では体の大きさが違います。大人に比べてかなり小さい赤ちゃんのお肌にはそれだけ汗孔が密集しており、大人なら少し汗が滲んだ程度が赤ちゃんなら大粒の汗になってしまいます。

赤ちゃんのお肌の特徴にあわせたスキンケアが必要

以上のように赤ちゃんのお肌は大人のお肌とは大分異なっていることがお分かり頂けるかと思います。

お肌は水分と油分によって肌のバリア機能を発揮していますが、
赤ちゃんは皮脂分泌が不安定で水分と油分を失いがちです。

つまり肌のバリア機能が未熟ということです。

そのため、お肌のバリア機能をサポートするためのスキンケアが赤ちゃんには必要となります。

赤ちゃんの頃からスキンケアなんてする必要あるの?
と思われるかもしれませんが、昔は確かに赤ちゃんにスキンケアをするという感覚はなかったかもしれません。

乳児湿疹ができてから病院に行って薬をもらうというのが以前の常識でした。

ですが、今はトラブルの原因についての情報も増えていますし、しっかりとケアすることで肌トラブルを予防できるようになっています。

皮膚が薄くデリケートな赤ちゃんのお肌には優しさとバリア機能のサポートというケアが大切です。

是非肌トラブルが起こってからではなく、肌トラブルが起こらないように予防スキンケアをしてあげましょう。

Pocket

徹底比較!ベビーローションおすすめ4選

No.1ドルチボーレ

ドルチボーレ ミルキーベビーローション

おすすめ度★★★★★

赤ちゃんのお肌への優しさと、お肌のバリア機能のサポートを目的に作られたベビーローション。 赤ちゃんのお肌の水分と油分のバランスを整え、健やか肌に導き、乳児湿疹などの肌トラブルからお肌を守る予防におすすめのベビーローションです。

No.2ベビーローションマドンナ

ベビーローションマドンナ

おすすめ度★★★★☆

シンプルな成分が特徴の植物エキスにこだわったベビーローションです。オーガニック原料も使用し、赤ちゃんのお肌への負担を考慮して成分が厳選されています。お肌への優しさと潤い保湿のバランスが良いベビーローションです。

No.3エトヴォス

エトヴォス ベビーローション

おすすめ度★★★★☆

セラミドスキンケアで有名なブランドだけあって、赤ちゃんのお肌の潤いを保持するため、セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が贅沢に使われたベビーローションです。赤ちゃんのお肌の潤いケアにおすすめです。

No.4メディスキンベビー

メディスキンベビー ナチュラルベビーローション

おすすめ度★★★☆☆

メディアで活躍中の友利 新さん(皮膚科医)がママ目線で開発したベビーローションです。シンプルな成分と使用後のサラサラ感が特徴です。保湿の持続力は低めですが、トラブル予防のスキンケアにおすすめです。